Create&crusher(裏那)の独り言:波乗りトレード実践録+α

このブログは自分がネット見掛けた下山敬三氏トレード手法『波乗りトレード』を実際に用いての経過内容で有る。補足で日本経済に関しても

11/18株式トレード経過。

本日の結果。

本日終値:1058円50銭(前日終値+13円50銭)。

 

本日の新規注文及び返済注文は見送り。

 

現時点での保有建玉及び含み損。

 

9/18約定1330円1200株買建玉分:342394 円。

12/21約定990円1200株売建玉分:83588 円。

12/26約定944円1200株売建玉分:138456 円。

含み損総計:564438 円。

 

本日のマーケット情報。

本日の日経平均終値:20666円7銭(前日終値+263円80銭)。

日経平均先物:20920円(前日比+290円)。

NYダウ:24706ドル35セント(前日比+336ドル25セント)。

NYダウ先物円建:24606ドル(前日比+230ドル)。

原油先物:1バレル53ドル82セント(前日比+1ドル75セント)。

金先物:1オンス1280ドル50セント(前日比-11ドル80セント)。

為替(円・米ドル)相場:1ドル109円77銭(前日109円23銭比で、54銭の円安ドル高)。

 

本日、株式市場にて影響を与えたと思われる主な内容。

日経平均は3日振り反発・パナソニックは反発。
:朝方は米政府が中国に対する追加関税の撤廃や軽減を検討して居ると報じられた米国株高を背景に買い優勢。今後の動きは手掛かり材料次第か?。

 

パナソニック日証金 貸借取引残高(1/18速報)。

貸株残高:31200株(前日比-32300株)。

融資残高:336000株(前日比-16800株)。

差引残高:+304800株(前日比+15500株)。

貸借比率(1/18速報):10.77倍。

逆日歩(1/17確定分):無し。

 

・・・と、言う訳で、本日は前日の米国株高の流れを受けて上昇して取引を終えた訳だが、その内容が米中貿易問題に置いて、米国が中国に対する追加関税の撤廃や軽減を報じて居ると報じられた事を背景に米国株高が進んだ動きに連動してと言う点が、自分的には少々引っ掛かる面が有る(例えば、企業業績が市場予想よりも遥かに上回ったとかで有るならまだしも)。

果たしてトランプ大統領がその様な動きを本気で取るのだろうか?。また、仮にその様な動きをしたからと言って、中国が自らの覇権の野望を引っ込めたりするのだろうか?。

こうした予想論を立てても仕方の無い部分は有るが、自分的にはどうにも『市場は米中貿易問題を余りにも楽観的に捉え過ぎて居る』様に見受けられてならない。

そうなると、『楽観的に捉え過ぎていた分、いざ現状を目の当たりにしたら、その時の市場の失望感はいかばかりか?』と、言った面も見て行かないとならない。

勿論、実際に米国がその様に動けば市場に取っては喜ばしい話で有る事に疑いの余地は無い。が、今現在の動きは『期待が先行し、楽観的ムードに支配されて居る感』も、やはり否めない。

そうした楽観ムードに流されるのでは無く、逆の事態も想定して置くに越した事は無いと、ここ最近の動きを見てると感じる物だ。

 

 

 

 

 

1/17株式トレード経過

本日は時間の関係上、パナソニックの概要と、保有建玉の状況のみ掲載。

本日終値:1045円(前日終値-50銭)。

 

本日の新規注文及び返済注文は見送り。

 

現時点での保有建玉及び含み損。

9/18約定1330円1200株買建玉分:358472 円。

12/21約定990円1200株売建玉分:67351 円。

12/26約定944円1200株売建玉分:122220 円。

含み損総計:548043 円。

 

パナソニック日証金 貸借取引残高(1/17速報)。

貸株残高:63500株(前日比-11200株)。

融資残高:352800株(前日比-58000株)。

差引残高:+289300株(前日比-46800株)。

貸借比率(1/17速報):5.56倍。

逆日歩(1/16確定分):無し。

 

と、言う訳で、本日は詳細をパナソニックのみにしたが、市場自体が買い材料に乏しく、また英国のEU離脱や米中貿易問題の懸念も有り、動き難い状況に有ったと見えるのか、米国株式市場が堅調に推移した事で、朝方こそ買い先行で始まったものの、戻り待ちの売りに押されて下がる展開で終わる結果となった。

 

1/16株式トレード経過

本日の結果。

本日終値:1045円(前日終値+3円)。

 

本日の新規注文及び返済注文は見送り。

 

現時点での保有建玉及び含み損。

9/18約定1330円1200株買建玉分:357504 円。

12/21約定990円1200株売建玉分:67838 円。

12/26約定944円1200株売建玉分:122713 円。

含み損総計:548055 円。

 

本日のマーケット情報。

本日の日経平均終値:20442円75銭(前日終値-112円54銭)。

日経平均先物:29:14時点で、20530円(前日比+100円)。

NYダウ:29:00時点で、24250ドル86セント(前日比+185ドル27セント)。

NYダウ先物円建:29:13時点で、24205ドル(前日比+191ドル)。

原油先物:29:17時点でのレートで、1バレル52ドル42セント(前日比+31セント)。

金先物:29:18時点でのレートで、1オンス1293ドル50セント(前日比+5ドル10セント)。

為替(円・米ドル)相場:29:31時点でのレートが、1ドル109円17銭(前日108円66銭比で、51銭の円安ドル高)。

 

本日株式市場にて影響を与えたと思われる主な内容。

日経平均は3日振り反落・パナソニックは反発。
:朝方は米国株高を受けて買い先行で始まったものの一巡後は下げに転じた(パナソニックは逆に反発)。株価指数先物売りや円強含みも踏まえて軟調

 

パナソニックの信用情報(1/11分)。

信用売残:1135700株(前週比+113100株)。

信用買残:6188200株(前週比-488200株)。

貸借倍率:5.45倍。

日証金 貸借取引残高(1/16速報)。

貸株残高:74700株(前日比+18900株)。

融資残高:410800株(前日比+61400株)。

差引残高:+336100(前日比+42500株)。

貸借比率(1/16速報):5.50倍。

逆日歩(1/15確定分):無し。

 

・・・と、言う訳で、本日は以上の結果となった。現時点での市場の動きを見る限り、米株式市場は堅調、為替は、円換算でほぼ全面安と言う点を見ると、このままこの動きが続けば本日は堅調に推移するのでは無いかと推測するが、果たして実際の動きはどうなるか。

 

1/15株式トレード経過

本日の結果。

本日終値:1042円50銭(前回終値-24円50銭)。

 

本日の新規注文及び返済注文は見送り。

 

現時点での保有建玉及び含み損。

9/18約定1330円1200株買建玉分:360982 円。

12/21約定990円1200株売建玉分:64201 円。

12/26約定944円1200株買建玉分:119077 円。

含み損総計:544260 円。

 

本日のマーケット情報。

本日の日経平均終値:20555円29銭(前回終値+195円59銭)。

日経平均先物:29:20時点で、20450円(前日比-60円)。

NYダウ:29:06時点で、24001ドル25セント(前日比+91ドル41セント)。

NYダウ先物円建:29:22時点で、23975ドル(前日比-25ドル)。

原油先物:29:13時点でのレートで、1バレル52ドル3セント(前日比+1ドル52セント)。

金先物:29:13時点でのレートで、1オンス1290ドル60セント(前日比-70セント)。

為替(円・米ドル)相場:29:26時点でのレートが、1ドル108円57銭(前日108円16銭比で、41銭の円安ドル高)。

 

本日、株式市場にて影響を与えたと思われる主な内容。

日経平均は続伸・パナソニックは反落。
:朝方は売り先行も一巡後買い戻し、時間外取引の米株価指数先物や中国・上海総合指数の上昇も支え。

 

パナソニック日証金 貸借取引残高(1/15速報)。

貸株残高:55800 株(前日比-106700株)。

融資残高:349400 株(前日比+800株)。

差引残高:+293600 株(前日比+107500株)。 

 

・・・と、言う訳で、本日は朝方こそ売が先行した物の、一巡後は買い戻しに向かう結果となったが、その背景には時間外米株価指数先物や中国・上海総合指数が堅調だった事が大きく、今更な話では有るが『結局、東京株式市場は海外の動きによって影響し、直接現在の日本の国内経済の影響による物では無い』と、言う事で有る。

引き続き、動きを見て行きたいが、企業業績は兎も角、日本国内の実体経済に対して完全に乖離して居ると言う点は把握して置くべきで有る。

 

1/11株式トレード経過

本日の結果。

本日終値:1067円(前日終値+27円50銭)。

 

本日の新規注文及び返済注文は見送り。

 

現時点での保有建玉及び含み損。

9/18約定1330円1200株買建玉分:331460 円。 

12/21約定990円1200株売建玉分:93564 円。

12/26約定944円1200株売建玉分:148441 円。

含み損総計:573465 円。

 

本日のマーケット情報。

本日の日経平均終値:20359円70銭(前日終値+195円90銭)。

日経平均先物:20230円(前日比-90円)。

NYダウ:29:44時点で、23972ドル67セント(前日比-29ドル25セント)。

NYダウ先物円建:23875ドル(前日比-1ドル)。

原油先物:29:52時点でのレートで、1バレル51ドル67セント(前日比-92セント)。

金先物:29:52時点でのレートで、1オンス1288ドル10セント(前日比+70セント)。

為替(円・米ドル)相場:30:06時点でのレートが、1ドル108円52銭(前日108円42銭比で、10銭の円安ドル高)。

 

本日、株式市場にて影響を与えたと思われる主な内容。

日経平均パナソニック共に反発。
:朝方は、10日の米株高や円安・ドル高を受け買い先行。大引けに掛けても高値圏で推移。尤も、方向性を決定づける材料が無い為、動き難いと言う声も。

 

パナソニック日証金 貸借取引残高(1/11速報)。

貸株残高:162500株(前日比+46700株)。

融資残高:348600株(前日比-1500株)。

差引残高:+186100株(前日比-48200株)。

貸借比率(1/11速報):2.15倍。

逆日歩(1/10確定分):無し。

 

・・・と、言う訳で、本日は前日の米株高や円安・ドル高を受けて続伸して終えた物の、方向性を決定づける材料が無い為、動き難い心理も見受けられたとも言える。

来週の動きも(現状の取引規模を踏まえれば有る意味で当然とも言えるが)世界情勢如何に掛かって来るので現状どちらに動くのかが全く見えないと言うのが素直な意見と言ったところか・・・?。

 

1/10株式トレード経過。

本日の結果。

本日終値:1039円50銭(前日終値-5円50銭)。

 

本日の新規注文及び返済注文は見送り。

 

現時点での保有建玉及び含み損。

9/18約定1330円1200株買建玉分:364337 円。

12/21約定990円1200株売建玉分:60526 円。

12/26約定944円1200株売建玉分:115406 円。

含み損総計:540269 円。

 

本日のマーケット情報。

本日の日経平均終値:20163円80銭(前日終値-263円26銭)。

日経平均先物:29:20時点で、20330円(前日比+220円)。

NYダウ:29:05時点で、23938ドル73セント(前日比+59ドル61セント)。

NYダウ先物円建:29:09時点で、23881ドル(前日比+220ドル)。

原油先物:29:12時点でのレートで、1バレル52ドル62セント(前日比+26セント)。

金先物:29:12時点でのレートで、1オンス1287ドル70セント(前日比-4ドル30セント)。

為替(円・米ドル):29:25時点でのレートが、1ドル108円44銭(前日108円16銭比で、28の円安ドル高。

 

本日、株式市場にて影響を与えたと思われる主な内容。

日経平均パナソニック共に4日振り反落。
:直近で3日上昇した背景から、朝方から売りが先行。現地9日に昨年12月に開催されたFOMC(米連邦公開市場委員会)の議事録要旨で日米金利差拡大見込めずとの見方が台頭したのも重し。

 

パナソニック日証金 貸借取引残高(1/10速報)。

貸株残高:115800株(前日比+49900株)。

融資残高:350100株(前日比-6300株)。

差引残高:+234300株(前日比-56200株)。

貸借比率(1/10速報):3.02倍。

逆日歩(1/9確定分):無し。

 

・・・と、言う訳で、流石に3日続伸した背景も有ってか本日は4営業日振りに反落して取引を終えた。

本日の米国市場や為替動向を見る限りでは、内心何方に向かったとしても何ら不思議では無いと自分は見て居るが、実際の動きはどうなるか・・・?。

 

1/9株式トレード経過

本日の結果。

本日終値:1045円(前日終値+32円50銭)。

 

本日の新規注文及び返済注文は見送り。

 

現時点での保有建玉及び含み損。

9/18約定1330円1200株買建玉分:357247円。

12/21約定990円1200株売建玉分:66976円。

12/26約定944円1200株売建玉分: 121863円。

含み損総計:546086円。

 

本日のマーケット情報。

本日の日経平均終値:20427円6銭(前日終値+223円2銭)。 

日経平均先物:29:15時点で、20310円(前日比-110円)。

NYダウ:29:01時点で、23931ドル87セント(前日比+144ドル42セント)。

NYダウ先物円建:29:05時点で、23876ドル(前日比+74ドル)。

原油先物:29:08時点でのレートで、1バレル52ドル28セント(前日比+2ドル50セント)。

金先物:29:08時点でのレートで、1292ドル80セント(前日比+6ドル90セント)。

為替(円・米ドル)相場:29:20時点でのレートが、1ドル108円25銭(前日108円73銭比で、48銭の円高ドル安)。

 

本日、株式市場にて影響を与えたと思われる主な内容。

日経平均パナソニック共に続伸。パナソニック共に3日続伸。
:米中貿易問題が米国優位に進展するとの流れを受け、広範囲に物色された。一巡後は売りに抑えられ大引けに掛けて上値の重い動き。

 

パナソニック日証金 貸借取引残高(1/9速報)。

貸株残高:65900株(前日比+40200株)。

融資残高:356400株(前日比-13300株)。

差引残高:+290500株(前日比-53500株)。

貸借比率(1/9速報):5.41倍。

逆日歩(1/8確定分):無し。

 

・・・と、言う訳で、本日も前日に引き続き米中貿易問題が米国優位に進展する流れを受けた事で、米国株高を背景に大引けには上値が重くなったものの、3日続伸で終わった。

尤も、市場の中には『米中貿易問題が本当に解決しない限りは、中々買いに動き難い』と、捉える方も居る様で、世界情勢が崩れると再びリスク回避に向ける動きも燻って居る点はやはり否めない事も踏まえると、このまま一本調子で上がって行くとは内心考え難いと自分は見て居るが、本日はどうなるか・・・?。