Create&crusher(裏那)の独り言:波乗りトレード実践録+α

このブログは自分がネット見掛けた下山敬三氏トレード手法『波乗りトレード』を実際に用いての経過内容で有る。補足で日本経済に関しても

10/21株式トレード経過

本日の結果。

本日終値:894円60銭(前回終値+6円40銭)。

 

本日の新規注文及び返済注文は見送り。

 

現時点での保有建玉及び含み損。

8/15約定792円1200株売建玉分:126305 円。

9/10約定872円1200株買建玉分:-23051 円。

10/17約定908円90銭1200株売建玉分:-16638 円。

含み損総計:86616 円。

 

パナソニック日証金 貸借取引残高(10/21速報)。

貸株残高:54900株(前日比+48200株)。

融資残高:270200株(前日比-3700株)。

差引残高:+215300株(前日比-51900株)。

貸借比率(10/21速報):4.92倍。

逆日歩(10/18確定分):無し。

 

・・・と、言う訳で本日は以上の様な結果となった。

どうやら市場が見る限りだと、シカゴ日経平均先物時間外取引の米株価指数先物が堅調などで朝方から買い先行と有る通り、『日本の情勢もどこ吹く風』と、言った具合の要因で株価が動いて居るとも言え、『些末事な国内の出来事程度では市場は反応しない』と、捉えた方が良いと言うのも相変わらずで有る(当然、株価の動きが必ずしも日本の景況感を反映して居るとは言い難い。企業の利益には影響を与えるのかも知れないが)。

明日は、即位礼正殿の儀により休場、次回の開催は明後日の23日となる。

 

 

 

さて、ここからは政治・経済及び貨幣に関連する話を三橋貴明氏のブログを用いて一部紹介したい(この中に、自分が所有して居るランダル・レイ教授の「MMT現代貨幣理論入門」の内容も挙がって居るのでそれも含めて)。

主権通貨国「日本」 | 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

「「現代貨幣理論入門」から引用します。

1.変動為替相場で主権通貨
 ⇒最も政策余地が大きい。政府は自国通貨で売られるものなら何でも購入できる「支出能力」がある。自国通貨におけるデフォルトリスクはない。政府支出が大き過ぎると、インフレや通貨安が起きる可能性がある。

2.管理された変動為替相場で主権通貨
 ⇒政策余地がやや小さい。政府は自国通貨で売られるものなら何でも購入できる「支出能力」がある。ただし、国内政策が通貨を望ましい為替レートの範囲から逸脱させる圧力を生んでしまう可能性があるので、為替レートに対する影響に注意しなければならない。

3.固定為替相場で主権通貨
 ⇒3つの中で最も政策余地が小さい。政府は自国通貨で売られるものなら何でも購入できる「支出能力」があるが、固定相場を維持するのに十分は外貨準備を維持しなければならない。状況次第で、これは国内政策余地に厳しい制約を与える可能性がある。外貨準備を失ってしまうと、固定レートで交換する約束について直ちにデフォルトとなる可能性がある。」

変動為替相場制の主権通貨国は、政府の裁量が最も大きく、為替レートに政策が左右されることがなく、デフォルトの可能性はゼロです(※自国通貨建て国債について)。

 もっとも、固定為替相場制の主権通貨国であっても、「非・主権通貨国」よりはまだしも政府の裁量はあります。つまりは、ユーロとは政府の裁量を縛りに縛る、最悪の制度なのです。

 ちなみに、なぜ固定為替相場制の国は「自国通貨建て国債」であっても、デフォルトリスクがあります。理由は、まさに固定為替相場であるため、自国通貨建て国債が事実上の外貨建て(対ドル固定為替相場ならば、ドル建て国債)と等しくなってしまうためです。

 98年のロシアのデフォルトについて、「あれはルーブル建てだ!」と、自国通貨建て国債でもデフォルトする~、日本も財政破綻する~、と叫んでいる「知ったかさん」がいますが、当時のロシアは対ドル固定為替相場でした。つまりは、ルーブル建てとは言えども、外国人が持つ国債は事実上のドル建て国債だったのです。(以下後略)」

このランダル・レイ教授の著書に有る、事例で言えば、ロシアは3に分類されると言える(後は、1990年7月以前よりも更に前の1973年に変動為替相場制を採用する以前の日本も、縦しんばIMFによるドル建て負債が存在して居なかったとしたらここの項目に分類されて居たのでは無いかと自分には映る)。

因みに2番に該当するのは言うまでも無く、中国で有る。

中国は固定相場制とは有るが、それでも日を跨いでの相場の変動は存在する。そうした点を踏まえて見て行けば、2番に該当するのは中国で有るのは容易に理解出来る。

さて、1番に該当するのは、果たして何処の国で有ろうか・・・?。

『最も政策余地が大きく』『変動為替相場制を採用して居る』更には『通貨主権を有して居る国』とは・・・?。

答えは『我が国日本』で有る。

それにも関わらず、我が国日本は『経済成長に置いては世界でドンジリで有るのに、世界が転換して居る中、相も変わらず緊縮財政路線を維持すると言う有様。

以下は産経新聞の記事から紹介。

【G20関連】財政政策重視、金融政策頼みに限界 日本の対応注目(1/2ページ) - 産経ニュース

今回の20カ国・地域(G20)財務相中央銀行総裁会議では世界経済の悪化リスクに対処するため、公共事業などへ国の歳出を増やして景気を刺激する財政政策を重視すべきだとの意見が相次いだ。これまで各国は金融政策に頼ってきたが、限界や弊害が表面化してきたことが背景にある。今後はまず、消費税増税のタイミングに台風19号直撃が重なった日本の対応が世界の注目を集めそうだ。
 「政策手段を総動員し、強固で持続可能、バランスのとれた成長を目指すべきだ」。麻生太郎財務相は閉幕後の記者会見でこう訴えた。財務省高官によると、「初日の討議で、景気回復には金融政策だけでなく、財政政策も重要だとの発言が出た」という。(後略)』

お分かりだろうか?。如何に我が国日本が世界とは真逆の経済政策を行って居るのかを・・・。

日本を除く世界各国は、経済政策に置いては、正しい方向へと転換しようとして居るにも関わらず、我が国日本は相も変わらず『緊縮財政・新自由主義構造改革』と言った『世界から経済成長に置いて取り残されても当然の結果』としか言い様が無い政策を行って居る訳で有るのを見て居ると、日本に住んで選挙権を有する一国民としては、非常に情けなく惨めで有る様にしか映らない。現在の日本の惨状に関しては。

尤も、ここで仮に我が国の宰相でも有る安倍晋三与野党支持問わず識者が今回の消費税増税の悪影響を提言&指摘したにも関わらず、その忠言を無視して頑なに消費税増税と言う緊縮財政を決行した人物に対して自分はもう建前とは言え、そんな無能な御仁に『総理』と言う敬称を付けるのも嫌になった。以降、かの御仁の事は、普通に安倍晋三と呼び捨てで掲載する)が、「機動的な財政が必要だ」と、勇ましい事を挙げたとしても、『今年の骨太方針に盛り込んだ、2025年までに基礎的財政収支(プライマリー・バランス)黒字化目標破棄を閣議決定しない限り、信用する価値無し』と、言う話で有る。

それを破棄しない限り、積極財政に舵を転ずる事も現状出来ないのだから。

そうした点も踏まえて、有権者安倍晋三並びに安倍政権の発言を見て行くべきで有ると自分には感じるよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10/18株式トレード経過

本日の結果。

本日終値:888円20銭(前日終値-18円80銭)。

 

本日の新規注文及び返済注文は見送り。

 

現時点での保有建玉及び含み損。

8/15約定792円1200株売建玉分:118595 円。

9/10約定872円1200株買建玉分:-15451 円。

10/17約定908円90銭1200株売建玉分:-24352 円。

含み損総計:78792 円。

 

パナソニック日証金 貸借取引残高(10/18速報)。

貸株残高:6700株(前日比-13600株)。

融資残高:273900株(前日比+32900株)。

差引残高:+267200株(前日比+46500株)。

貸借比率(10/18速報):40.88倍。

逆日歩(10/17確定分):無し。

 

・・・と、言う訳で、本日は以上の様な結果となったが、本日は昨日と反して、パナソニック日経平均に反して、5日振りに反落した。

とは言え、このまま下がり続けるかと言えば、中々判断も難しい点も有る故に、どちらに向かっても良いと捉えて居る位が現状、気が楽なのかも知れない。

 

10/17株式トレード経過

本日の結果。

本日終値:907円(前日終値+2円20銭)。

 

本日の新規注文は以下の通り。

(9:34)新規信用売指値908円90銭1200株で発注→同額にて約定。

本日の返済注文は見送り。

 

現時点での保有建玉及び含み損。

8/15約定792円1200株売建玉分:141095 円。

9/10約定872円1200株買建玉分:-38172 円。

本日約定908円90銭1200株売建玉分:-1895 円。

含み損総計:101028 円。

 

パナソニック日証金 貸借取引残高(10/17速報)。

貸株残高:20300株(前日比-42900株)。

融資残高:241000株(前日比+6600株)。

差引残高:+220700株(前日比+49500株)。

貸借比率(10/17速報):11.87倍。

逆日歩(10/16確定分):無し。

 

・・・と、言う訳で、本日は以上の様な結果となった。

上げ幅が小動きになって居るのを見て、リスクヘッジの為に売りで新たにポジションを入れて利益固定を確保した。ここからどの様に動いて行くのかは、今後の市場の動き次第にはなって来るが。

 

10/16株式トレード経過

本日の結果。

本日終値:904円80銭(前日終値+7円90銭)。

 

本日の新規注文及び返済注文は見送り。

 

現時点での保有建玉及び含み損。

8/15約定792円1200株売建玉分:138365 円。

9/10約定872円1200株買建玉分:-35772 円。

含み損総計:102593 円。

 

パナソニックの信用情報(10/11分)。

信用売残:1383700株(前週比+217500株)。

信用買残:4913100株(前週比+151300株)。

貸借倍率:3.55倍。

日証金 貸借取引残高(10/16速報)。

貸株残高:63200株(前日比-31400株)。

融資残高:234400株(前日比-22400株)。

差引残高:+171200株(前日比+9000株)。

貸借比率(10/16速報):3.71倍。

逆日歩(10/15確定分):無し。

 

・・・と、言う訳で、本日は以上の通りとなり、ここには掲載して居ないが、日経平均は年初来高値更新と言う結果になった。

こうした状況の日経平均株価を見て、必ずと言って良い程、『ほ~ら見ろ!安倍政権の経済政策は間違って居なかったんだ。アベガ~言って居る奴ざまぁ』とか言い出す方も出て来そうな感じもするが、全然違うから。

これは自分の様な実践年数数年足らずのみならず、多くの株式運用を行って居る方が認識して居るで有ろうと推測にはなるが『東京株式市場は、日本のポジティブな情報では殆ど動いては居ない(個別銘柄に関しては除く)』と、言う事で有る。

それはまあ、『東京株式市場に上場して居る株式保有率は、国内と海外では、7:3と言ったところでは有るが、取引頻度と言う意味で見ればその比率は逆転する』のだから、日本の動きを殆ど見ないで、多くは、米中若しくは欧州に関連する流れに反応するで有ろうとは映る。

つまり、先に挙げた様な安倍政権崇拝者が言う様な理由で現在、日本の株価が好調と言う訳では決して無いのだ。

実際問題、日本の景況感は非常に散々たる有様になって居る(何せ、8月期は悪化に下方修正した訳で、その様な環境で消費税を10%に増税する様な狂気の政権の支持率が未だ50%台も有るのが、我が国日本なのだから)。それに加えて、千葉県は台風15号(更には地震と竜巻も来たとか)、更には今回発生した台風19号による災害まで有ったのだ。この様な状況化で『日本の景況感は全体的に好調好調(*^▽^*)』等と宣う御仁は、はっきり言って『大嘘吐くな!(# ゚Д゚)』と、返されても文句は言えないと感じるよ自分は・・・。

 

 

10/15株式トレード経過

本日の結果。

本日終値:896円90銭(前回終値+19円)。

 

本日の新規注文及び返済注文は見送り。

 

現時点での保有建玉及び含み損。

8/15約定792円1200株売建玉分:128723 円。

9/10約定872円1200株買建玉分:-26373 円。

含み損総計:102350 円。

 

パナソニック日証金 貸借取引残高(10/15速報)。

貸株残高:94600株(前日比+38300株)。

融資残高:256800株(前日比-31500株)。

差引残高:+162200株(前日比-69800株)。

貸借比率(10/15速報):2.71倍。

逆日歩(10/11確定分):無し。

 

・・・と、言う訳で、本日は以上の様な結果となったが、推測の域を出ないが、米中貿易交渉の進展が期待されると市場が捉えた側面が有るのは否めないのでは無いのか(一部合意し、更には、15日の関税引き上げ見送り決定となったのだから)。

とは言え、短期的な買いで有ると見る向きも有り、ここから本格的にどうなって行くかは様子を見て行かないと何とも言えないと言うのが素直な意見で有る。

 

 

 

 

さて、ここからは少々経済に関する話で、日経新聞からこの様な記事が掲載されて居たので紹介(ハッキリ言って、台風の災害が遭った中、この様な発言をする御仁は正しく国民の敵と捉えても差し支え無いと自分には映る)。

「もう堤防には頼れない」 国頼みの防災から転換を (写真=共同) :日本経済新聞

「2011年の東日本大震災津波で多数の死傷者を出し、防潮堤などハードに頼る対策の限界を見せつけた。これを教訓に国や自治体は、注意報や警報を迅速に出して住民の命を守る「ソフト防災」を強めた。しかし18年の西日本豪雨でその限界も露呈した。気象庁は「命を守る行動を」と呼び掛けたが、逃げ遅れる住民が多かった。
堤防の増強が議論になるだろうが、公共工事の安易な積み増しは慎むべきだ。台風の強大化や豪雨の頻発は地球温暖化との関連が疑われ、堤防をかさ上げしても水害を防げる保証はない。人口減少が続くなか、費用対効果の面でも疑問が多い(後略)」

 

『いやはや、実に呆れた物だ。先の台風15号で災害に遭われた方、並びに今回の台風19号で災害に遭われた方(幸いにも自分は静岡県在住ならがも家屋が崩壊等と言った被害は無かった物の)を完全に愚弄するとしか言い様が無い糞記事だよ・・・(# ゚Д゚)』

と、言うのが、この記事を読んで自分が感じた意見で有る。

と、同時にこうも感じた次第で有る。

『国民からは税金を徴収するだけで、災害防止の為の公共事業も国防の為の予算も、国民の将来投資や経済活性化の為にも金を出す気が微塵も無い(即ち、経世済民を成す気が無い)政府なんて、必要無いよね・・・?』

とも、感じたよ。

元より日経新聞は経済関連に関しては、本当に読む価値皆無と自分は見て居たが、今回の有る意味国民の敵としか映らないかの様な記事を掲載したのは。

編集委員 久保田啓介

で有る。

繰り返すが、よくもまあ、この様な記事を書いて、政府に対して更なる緊縮財政を無残にも提言する事が出来る物だ。

改めて感じるが、

『もう、日経新聞は、日亡新聞とかにでも名を改めた方が良いのでは無いかい・・・?┐(´д`)┌』

と、言いたい気分にしかならないよ本当に・・・。

 

10/11株式トレード経過

本日の結果。

本日終値:877円90銭(前日終値+16円30銭)。

 

本日の新規注文及び返済注文は見送り。

 

現時点での保有建玉及び含み損。

8/15約定792円1200株売建玉分:105893 円。

9/10約定872円1200株買建玉分:-3653 円。

含み損総計:102240 円。

 

パナソニック日証金 貸借取引残高(10/11速報)。

貸株残高:56300株(前日比+38800株)。

融資残高:288300株(前日比-400株)。

差引残高:+232000株(前日比-39200株)。

貸借比率(10/11速報):5.12倍。

逆日歩(10/10確定分):無し。

 

・・・と、言う訳で、本日は以上の様な結果となったが、推測出来る要因としては、米中貿易交渉の進展期待から、米国株高や円安・ドル高基調が好感された模様(と、言う事は、それが逆に向かえば再度下がる可能性も視野に入れて置くべきでは無いのかとも映るが)。

明日から3連休に入る為、来週の開始は15日からとなるが、それまでに入って来る情報如何によってどうとでも動きと捉えて差支え無い様にも映る。

 

 

 

 

10/10株式トレード経過

本日の結果。

本日終値:861円60銭(前日終値-7円70銭)。

 

本日の新規注文及び返済注文は見送り。

 

現時点での保有建玉及び含み損。

8/15約定792円1200株売建玉分:86303 円。

9/10約定872円1200株買建玉分:15695 円。

含み損総計:101998 円。

 

パナソニック日証金 貸借取引残高(10/10速報)。

貸株残高:17500株(前日比+11700株)。

融資残高:288700株(前日比-4200株)。

差引残高:+271200株(前日比-15900株)。

貸借比率(10/10速報):16.50倍。

逆日歩(10/9確定分):無し。

 

・・・と、言う訳で、本日は以上の様な結果となり、パナソニック日経平均に反し、これで4日続落。日経平均の方も反発して終わったとは言え、手掛かり材料難で動きが取り難いと言ったところで、何れもどちらに向かうのかは正直読めないと言ったところか?。