Create&crusher(裏那)の独り言:波乗りトレード実践録+α

このブログは自分がネット見掛けた下山敬三氏トレード手法『波乗りトレード』を実際に用いての経過内容で有る。補足で日本経済に関しても

7/22株式トレード経過

本日の結果(時間の関係上、パナソニック保有建玉のみ掲載)。

本日終値:919円30銭(前回終値+1円50銭)。

 

本日の新規注文及び返済注文は見送り。

 

現時点での保有建玉及び含み損。

3/1約定1020円1200株買建玉分:135621 円。

3/15約定961円30銭1200株買建玉分:63180 円。

6/4約定859円60銭1200株売建玉分:73626 円。

含み損総計:272427 円。

 

日証金 貸借取引残高(7/22速報)。

貸株残高:115300株(前日比-44400株)。

融資残高:161100株(前日比+1400株)。

差引残高:+45800株(前日比+45800株)。

貸借比率(7/19確報):1.0倍/(7/22速報):1.40倍。

逆日歩(7/19確定分):満額。

 

・・・と、言う訳で、本日は、前週末の米国の利下げ期待が後退した事で米国株式市場が下がった事が背景で日経平均の方は下がって取引を終えた物の、パナソニック日経平均に反して小幅続伸にはなったが、下がって終わったとしても動き的には全くおかしくは無かった様には感じる。

 

 

 

さて、7/21の参院選、結果は終わって見れば、自民・公明勝利と言う事で、これで、今年10月の消費税増税は覆す事が出来なくなったとも言え(何せ、自民党の公約にしっかりと挙げて居る訳ですし)『有権者は民主主義によって、消費税を10%に増税する事を認めた』とも言える訳で、これで、日本は更なる国民の貧困化&衰退化に向かう事は確実で有る。正直、自分としては、自民党の方々の『増税する事を民意を得た』に対して批判されて居る方を見ると、今回自民・公明・維新以外の政党を支持された有権者ならまだしも、自民党を支持された方、棄権された方が言うのは何とも滑稽な話で有り、最早乾いた笑いしか浮かばない。

『アンタ達、それ(消費税増税を公約に居れて居る事)を承知で、自民党を支持若しくは棄権したのでしょう?。その結果が反映されたのだから、そりゃあ、自民党のお偉方は普通にそう決断を下すよ。例え、貴方達の内心が消費税増税反対で有ったとしてもね』

と、言った具合で。

とは言え、今回の選挙に置いて、反緊縮・反グローバル・反構造改革を掲げて居る自分としては喜ばしい点が一つ有るのは。

『今まで存在しえなかった(少なくとも、自分が選挙権を有してからと言う話では有るが)反緊縮・反グローバル・反構造改革を掲げる政党でも有るれいわ新選組が、政党条件を満たした事』

と、言う事で有る。

勿論、自分自身、れいわ新選組、並びに山本太郎が掲げて居る内容の全てに賛成する訳では無いが、こと、経済政策に関して言えば、実に現在の日本の状況に対して適した政策内容で有ると評価する事が出来る。

そう言う意味では、反緊縮の戦いはそれこそ、始まったばかりでも有り、自分自身、まだまだ未熟とは言え兼業トレーダーの端くれだが、これからも引き続き、反緊縮・積極財政の声を掲げて、正しい情報発信をして行きたい。